韓国朝鮮と日本
簡単にまとめています

産経ニュース 反日横断幕で抗議文 評論家の話 2013.7.30 11:03 (前略) ≪時事通信社でソウル特派員を務めた評論家、室谷克実氏の話≫ 昨年のロンドン五輪で韓国人選手による竹島プラカード事件のさい、 韓国側か [...]

呉善花氏の入国拒否、韓国メディアは攻撃論調一色 2013.7.28 19:45 [韓国] 【ソウル=加藤達也】評論家で拓殖大国際学部教授の呉善花氏(56)=日本国籍=がソウルの仁川空港到着後、入国を拒否され、日本に引き返 [...]

「日本は創氏改名で朝鮮民族の名前を奪った」と非難する人は多い。 創氏改名(そうしかいめい)は、昭和14年に朝鮮で行われた政策の名前である。 「創氏」は戸籍に氏(家族の名前)をつけなければならないということ。「改名」はファ [...]

併合時代、朝鮮の一人当りのコメの消費量が下がっている時期がある。 これを「日本に収奪されて飢えていた証拠」だとみなす人が多い。 しかし当時の朝鮮の、一人あたりの穀物の消費量は年間1.65~2.02石あった。 1石あれば、 [...]

イギリス、フランス、オランダなどの植民地経営は、植民地からの利益を吸い上げて本国に持っていく形で行われた。 しかし日本は、朝鮮からカネを巻き上げないばかりか、逆に大量の援助を行なっている。 以下説明: イギリスのインド経 [...]

伊藤博文は、当時の大韓帝国の人々から救いの神と見られていた。 破産寸前の大韓帝国に、当時の2千万円(現在の2兆円)の金をつぎ込んだからだ。 にもかかわらず戦後になると、極悪非道の侵略者扱いである・・・。 以下説明: 朝鮮 [...]

2419159073_74e4e8defc_q

韓国人の学者は「日本に土地を強奪された」と主張するが、日本はお金を払って買い付けている。 しかも、多く見積もっても耕地面積の4%程度である。 以下説明: そもそも朝鮮では、土地の単位が曖昧で原始的な状態であった(単に原始 [...]

韓国・北朝鮮・中国と日本の間で、何か問題があれば必ず出てくるのが、歴史認識。 ならば、歴史認識以外の面ではスムーズに協調できるのではないか、と思う人がいるがそれは間違いである。 中華思想・小中華思想からみて、野蛮人である [...]

よく現代の韓国人は、「植民地時代に、日本に言葉を奪われた」などといって怒る。 しかし、日本は朝鮮語を奪っていない。 実際は、朝鮮人たち自身が、朝鮮語を捨てようとしていたのだ。 それに対して、日本側は朝鮮語を守ったのだった [...]

植民地支配ではなく併合だというと、「併合のほうがひどい」という人が多い。 しかし実際は、近代以降でも、国家の併合はよくあることだった。 ラテン・アメリカ諸国、イングランド・スコットランド・ウェールズ、ベルギー連合王国、チ [...]

asahinansen1933_5_11left

  上の写真は、1933年の5月に朝鮮半島で行われた道議会議員選挙の当選者一覧である。81%が朝鮮人で占められている。1933年5月11日の朝日新聞南鮮版に掲載された。 また警察に関しても、併合年でも警察官の約 [...]

かつて日本が韓国を保護国にして、その後併合したことについて、韓国人は今でも怒っている。 現代の日本人をも恨んでいるのだ。 しかし、当時のアメリカ大統領もロシアもイギリスも、日本のほうを認めていたのだ。 以下説明:  [...]

韓国では2010年まで、歴史の教科書は1種類だった。 日本は何種類もあるから、学校によって違う。だから人によっていろいろな角度で歴史が見れる。 だが韓国では、ひとつの見方が正しいとされる。だから政府の言いなりである。 歴 [...]

韓国では日本の天皇のことを今でも日王と呼ぶ。 「皇」という字を見ると、「日本に皇帝がいるわけがない!皇帝は中国にいるのが正しいのだ!」と思ってしまうからだ。 属国根性の古い考え方だが、それが今でも残っているのだ。 しかし [...]

李氏朝鮮とは、「チャングムの誓い」などのドラマにも出る朝鮮王朝のこと。 この「朝鮮」という国の名前は、当時の中国が付けたもの。 でも韓国人は、自分たちで付けた名前だと思っている。 以下説明: 「高麗の将軍だった李成桂は( [...]

韓国人は、いまでも秀吉の朝鮮出兵について恨んでいる人が多い。 学校教育の中で、日本の朝鮮出兵がいかに残酷であったかを教えこまれるからである。 以下説明: ここでいう朝鮮出兵とは、文禄・慶長の役のこと。つまり豊臣秀吉の遠征 [...]

韓国人は、韓国は日本に侵略したことがないと思っている。 元寇は、他人事として教えられているからだ。 しかしこれは事実とは違う。 以下説明: 韓国の中学校教科書には、「元は日本を征伐するために軍艦の建造、兵糧の供給、兵士の [...]